古井翔真(Furui Shoma)
名古屋市立大学 芸術工学部 産業イノベーションデザイン学科 3年

 

作品説明

窓の向こうの天気を教えてくれる窓掃除ロボットです。
日々わずかに変化している四季や気候によって、農耕民族である我々日本人は天気に様々な「名前」をつけました。現代のテクノロジーを用いて物理的に、情緒的に「窓」を綺麗に仕立てるこのプロダクトは日本古来の感性を現代に伝承しつつ、住空間に新しい価値を提供します。

作品制作の経緯や思いなど

幼い頃、母との散歩中に公園で空に浮かぶ雲を眺めていたら、「あれは鰯雲って言うんだよ」と何気なく教えてくれました。当時の幼い私は、雲にも名前があるんだ!)と感動した思い出があります。そういった何気ない日常の経験がアイデアの原型になりました。

制作者からのメッセージ

デザインによって日本中がもっと明るくカラフルになれば良いなと思って頑張っています!

 

出展者…名古屋市立大学 芸術工学部 産業イノベーションデザイン学科 3年  古井翔真