加藤あまね (Kato Amane)
神戸芸術工科大学 芸術工学部 
環境デザイン学科

作品説明


この時間を刻む家は生活の層を縦に積み塔を形成している。塔のなかを家族は時間・生活と共に移動していき、縦の時間は吹き抜けとして繋がり音・風・光を共有する。塔周辺には森が広がり樹種によって季節が移ろう。塔は森という四季に包まれ季節と共にファサードを変化させていく。塔の高さによって縦(日常)の時間軸を作り、周りの森によって横(季節)の時間軸を作り出す。住人は日々の生活で太陽と共に家の中を登り、周りながら豊かな生活を紡いでいく。

出展者…神戸芸術工科大学 芸術工学部 環境デザイン学科 加藤あまね