阿部朱夏(Abe Ayaka)
東北芸術工科大学 デザイン工学部

土肥真維華(Doi Maika )
九州大学 芸術工学部

作品説明

飲食店でおてふきを使用した後、おてふき袋はゴミになってしまいます。ゴミを目の前に置いて食事をするのはあまり気分が良くない…。もし、おてふき袋がおみくじの機能を持っていたら料理が届くまでの間を少し豊かにすることができるのでは? これによってゴミを置かないことはもちろん、注文後の待ち時間に惰性でスマートフォンを触ってしまうことへの対策や、おみくじの内容によってコミュニケーションが生まれるのではないかと考えました。

出展者…東北芸術工科大学 阿部朱夏
九州大学 土肥真維華